困りごと
  1. HOME>
  2. 困りごと
地域包括支援センター
電話番号 029(887)8124

保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士という3分野の専門職が連携し、市町村や地域の医療機関、介護(介護予防)サービス業者、ボランティアなどと協力しながら地域の高齢者のさまざまな相談に対応します。
〈主な業務内容〉
○ 介護予防ケアプランの作成、介護予防事業(新予防給付、地域支援事業)のマネジメント
○ 高齢者や家族、地域住民からの総合的な介護や福祉に関する相談への対応、支援
○ ケアマネジャーへの支援やネットワークづくり、高齢者に対する虐待の防止と権利擁護事業など


心配ごと相談
電話番号 029(887)0084

心配ごと、困っている事項について相談を受け解決の方法へと導きます又は専門的な法律相談は弁護士相談につなげます。(弁護士相談は心配ごと相談において要予約)

毎週水曜日午後1~3時30分(祝日、年末年始を除く)

日常生活自立支援事業
電話番号 029(887)8124

認知症の高齢者や知的・精神的に障害のある人など、判断能力が不十分で、かつ親族などの援助が得られない人に対し、福祉サービスの利用手続きの援助や日常生活の金銭管理、書類の預かりサービス等を行い、日常生活を支援します。

障害者支援センター(生活介護、就労継続支援B型)
電話番号 029(887)0084

〇生活介護・・・常に介護を必要とする方に、昼間、食事、排泄等の介護等を行うとともに、創作的活動又は生産活動の機会を提供します。
〇就労継続支援B型・・・一般企業での就労が困難な方に、働く場を提供するとともに就労に必要な知識及び能力を向上させるための訓練を行います。
※当事業所の利用は、原則として、介護給付及び訓練等給付の支給決定を受けた方が対象になります。

ボランティアの相談・登録・斡旋
電話番号 029(887)0084

ボランティアに関する相談・登録・斡旋を行っています。

生活福祉資金、小口貸付事業
電話番号 029(887)0084

生活福祉資金貸付

対象者 町内に6ヶ月以上居住する(住民票で確認)低所得、高齢者、障害者世帯
相談 本資金は世帯への貸付となります。世帯状況について詳しく伺い、必要書類により確認を行います。社会福祉協議会にご相談下さい。
申請 借入申込書に記載し、必要書類を市町村社協に提出ください。(資金ごとの必要
な書類を整えていただき、内容によって追加の書類の提出を求める場合があり
ます。)
民生委員調査 資金種類によっては担当民生委員と面接をし、世帯状況の確認と借受後の支援
について話し合いを行います。
審査 貸付について、茨城県社会福祉協議会にて審査をします。
貸付の可否 文書で通知します。
借用書記入 貸付決定をした場合の、借用書に自筆の署名、実印を押し、印鑑証明書とともに社
会福祉協議会に提出して下さい。
資金交付 指定口座へ送金します。資金交付後、借入金の資金使途が確認出来る領収書等を
社会福祉協議会に提出してください。
償還(返済) 払込取扱票または口座振替による償還になります。

*申請のために提出された書類は返却いたしません。

小口資金貸付事業

町内に3ヶ月以上居住する(住民票で確認)要支援者と認められるもので自立更生の意欲あるもの"本資金の貸付限度額は30,000円になります。また償還期限は1年以内となり無利子です。
民生委員の意見や保証人が必要となりますので社会福祉協議会地域福祉係担当へご相談下さい。"

居宅介護支援事業
電話番号 029(887)9234

介護認定を受けた方に対し本人にとって最も適するサービス計画を中立・公平に作成する。(ケアプランの作成、自己負担額は有りません)