共同募金
  1. HOME>
  2. 共同募金

赤い羽根共同募金 歳末たすけあい募金

●運動期間:10月1日~12月31日までの3ヶ月間全国一斉にスタート。
赤い羽根共同募金  10月1日~12月31日
歳末たすけあい募金 12月1日~12月31日

赤い羽根共同募金って?

共同募金運動は、各都道府県設立された「共同募金会」という民間団体が行っています。共同募金は社会福祉の分野で唯一法律(社会福祉法)に基づいて行われる募金で、地域福祉の推進を図ることを目的としています。

いつから?

日本では、1947年の第1回の運動から『共同募金運動要綱』に基づいて、全国各地で行われています。共同募金は現在は世界各国で行われております。

赤い羽根?

『赤い羽根』を使うようになったのは、第2回目の運動からで、アメリカでも、水鳥の羽根を赤く染めて使っていました。それにヒントを得て、日本では、不要になった鶏の羽根を使うようになりました。共同募金のシンボルとして、寄付したことを表す印として使われました。

どこが集めているの?

共同募金とは、共同募金会という民間の団体によって、都道府県を単位として行われている募金です。中央共同募金(都道府県共同募金会の連絡調整、調査研究等)→都道府県共同募金会(配分計画の策定・募金目標額の設定・募金の取りまとめ及び配分)→支会・分会(募金の配分の調整・広報活動及び募金活動の展開)

なぜ募金なのに、目標額があるの?

「共同募金」は、寄付が集まってから、使い道を決める募金ではなく、事業を実施する上で、あらかじめ必要な額を検討し、募金を実施する前に、使いみちの計画を立てます。そして、この計画に必要な資金の総額が『目標額』になるわけです。
目標で達成するために提示していますが、決して強制ではなく任意の募金です。

家庭で募金したのに、なぜ職場や学校でも募金するのですか?

「共同募金」には、様々な募金方法があります。各家庭へお願いする戸別募金、学校では学校募金、街頭では街頭募金、職場では職域募金などがあります。これは、家族の一人ひとりがそれぞれの立場で、この運動に参加していただくことをめざしています。多くの人に、共同募金を通じて、福祉参加を呼びかけ、たすけあいの輪を広げて行くことを願って運動を展開しています。


社会福祉法人 茨城県共同募金会
阿見町支会(阿見町社会福祉協議会)

茨城県稲敷郡阿見町阿見4671番地の1
TEL 029-887-0084
FAX 029-887-9934

詳細な情報を詳しくお知りになりたい方は、中央共同募金会ホームページをご覧ください。
中央共同募金会:http://www.akaihane.or.jp/index2.html
茨城県共同募金会:http://www.akaihane-ibaraki.jp/
茨城県の共同募金関係:http://www.akaihane.or.jp/hanett/body08.htm