地域福祉係
電話番号 029(887)0084
  1. HOME>
  2. 地域福祉係
敬老会事業

敬老会事業75歳以上の敬老者を区長・民生委員児童委員の協力を得て町民挙げて長寿をお祝いします。(時期は9月中旬)表彰区分ごとに表彰し、地域の学芸・演芸を楽しんでいただく。


単身高齢者給食サービス

月2回昼食を配布。ボランティアが作りボランティアが配達するふれあい型の給食サービスです。


ふれあい電話訪問

町内にお住まいのお一人暮らしの65歳以上の方が対象で経験豊かなボランティアが電話をお掛けし健康状態や日々の様子、生活上の不安などをお聴きしながらお話相手をさせていただく、ふれあい型の電話サービスです。状況に応じて安否確認し、関係機関にお繋ぎします。秘密厳守で安心して利用出来ます。

生活援助型食事サービス

阿見町在住の65歳以上の虚弱な高齢者・高齢者世帯で、配偶者以外の同居の家族がいない方で、高齢虚弱又は心身の障害により自ら調理することが困難な方が対象になります。申請により認定された場合、夕食を宅配し自立生活を支援します。一部自己負担が発生します。月曜日から金曜日までの希望日の夕食です。(祝祭日は休み)

在宅障がい者・児歳末援護事業

援護対象者に歳末援護金、クリスマスプレゼントをお送りします。

ボランティアの相談・登録・斡旋

ボランティアに関する相談・登録・斡旋を行っています。

ボランティア講座等の実施

ボランティアに関する講座(傾聴講座等)を行っています。

ボランティア連絡会支援、学校福祉教育支援

ボランティア連絡会に対する支援及び町内の学校における福祉教育に関する支援を行っています。

児童生徒のボランティア活動普及、育成

町内の児童・生徒に対するボランティア活動普及、育成を行っています。

ボランティアワークキャンプ

ボランティアワークキャンプ町内中学生へのボランティア意識を育成することを目的にキャンプを通じてボランティアに関する活動を行っています。


傾聴ボランティア講座

傾聴を通じて福祉への理解を深め地域活動するボランティアの養成を目的として講座を行っています。

福祉作文

次代を担う小・中学生の皆さんに、「思いやりの心」や「人へのいたわり」など社会福祉活動への関心を深めることを目的に作文を募集、審査表彰しています。

施設入所児童への歳末援護

阿見町に住民登録している18歳以下の施設へ入所している方へあたたかいお正月を迎えていただくために援護金を配布する。

中学生いきいき介護教室

地域の介護予防の担い手となる中学生に、介護及び介護予防に関する介護教室を開催。

心配ごと相談

心配ごと、困っている事項について相談を受け解決の方法へと導く。又専門的な法律相談は弁護士相談につなげる。
一般相談 毎週水曜日13:00~16:00
弁護士相談 月初めの第1水曜日・予約制13:00~15:30

善意銀行事業

町民からの善意の金品を預託し、町民の福祉向上のための払出をする。
〇学校援護金助成
〇障がい児レクリエーションへの助成
〇ボランティア活動助成

要保護・準要保護世帯入学祝金支給

要保護・準要保護世帯及び一人親世帯の小中学校へ入学する児童生徒に祝い金を配布する事業

障がい児レクリエーションなかよし広場

心身に障害を持つ子供たちを招待し,保護者の方々と共に楽しく過ごしたり、保護者同士の親睦を図ります。

歳末援護金事業

援護対象者に少しでも明るい新年を迎えていただく為、歳末援護金、クリスマスプレゼント、お年玉等を送ります。

しゃきょうだより

広報紙「しゃきょうだより」発行を通じて社協事業の紹介、ボランティアの活動状況等を町民に広報し、社協事業へのご理解・ご協力を得るとともに町民への福祉意識の関心を高めることを目指します。

歳末ふれあい交流会

歳末ふれあい交流会地域の子供達や子育て世代の親たちの交流を季節行事を通じて深めていくことを目的に開催しています。


さわやかフェア

町のまつりの中で社会福祉協議会の事業のPRや広報活動、募金活動を行っています。

生活福祉資金、小口貸付事業

生活福祉資金貸付

対象者 町内に6ヶ月以上居住する(住民票で確認)低所得、高齢者、障害者世帯
相談 本資金は世帯への貸付となります。世帯状況について詳しく伺い、必要書類により確認を行います。社会福祉協議会にご相談下さい。
申請 借入申込書に記載し、必要書類を市町村社協に提出ください。(資金ごとの必要
な書類を整えていただき、内容によって追加の書類の提出を求める場合があり
ます。)
民生委員調査 資金種類によっては担当民生委員と面接をし、世帯状況の確認と借受後の支援
について話し合いを行います。
審査 貸付について、茨城県社会福祉協議会にて審査をします。
貸付の可否 文書で通知します。
借用書記入 貸付決定をした場合の、借用書に自筆の署名、実印を押し、印鑑証明書とともに社
会福祉協議会に提出して下さい。
資金交付 指定口座へ送金します。資金交付後、借入金の資金使途が確認出来る領収書等を
社会福祉協議会に提出してください。
償還(返済) 払込取扱票または口座振替による償還になります。

*申請のために提出された書類は返却いたしません。

小口資金貸付事業

町内に3ヶ月以上居住する(住民票で確認)要支援者と認められるもので自立更生の意欲あるもの"本資金の貸付限度額は30,000円になります。また償還期限は1年以内となり無利子です。
民生委員の意見や保証人が必要となりますので社会福祉協議会地域福祉係担当へご相談下さい。"